So-net無料ブログ作成
検索選択

阿寒のボッケみたいな・・・

01.jpg 02.jpg
03.jpgとうとうと流れる芦別川の音からスタート。
川のあちらこちらから湧き水が出ています。
芦別川の本流は1年中凍らないのです。
水温はそんなに低くありません。
勢いのある流れの本流に流れる枝川があります。
その枝川はとても静か。水たまりみたい。
本流に流れる枝川のひとつをずっと辿っていくと、
水源があります。
音はほとんどしないのですが、
水面の底からボコボコと湧き上がってきているのです。
まるで阿寒のボッケみたい。
水たまりに見える底は木の葉などが分解して黒く見えます。
ボコボコしているところは砂が盛り上がっているので、
はっきりわかります。
これが地下から湧き上がっている湧き水。

以前このボコボコしているところに枝を入れたら、2mくらいの深さがありました。
何度も来ている場所ですが、今回はそのボコボコが増えているような感じがしました。
大きいもので直径20cmくらい、小さなものだと直径2cmくらい。数は10箇所以上です。
07.jpg 08.jpg
クレソンも近くにたくさんありました。新庄氏は一口食べて辛いとおっしゃっていました。
なんとなく春みたいな感じもするのですが、すぐそばにはフロストフラワー。
水のところは水温が高いので春みたいに見えるのですが、少し離れると氷点下の世界。
周りに霜柱のきれいなものもありました。
04.jpg 05.jpg
冬の間ここは凍らないので、動物たちの水飲み場になっているそう。
あちらこちらにシカやキツネなど動物たちの歩いた痕跡が・・・たくさんありました。
蛇行している芦別川を上流までいくと、ところどころに同じようなボコボコ湧き上がっている場所があるそうです。
09.jpg 10.jpg
とても綺麗な穴を見つけました。
おそらくここに木の根がここにあり、
その下の地面のところから水分を含んだ空気が上がってきたのでは?とのこと。
綺麗な冬のアートを作り出していました。
06.jpg