So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと録れたシャラシャラ

10.jpg

以前から新庄氏からお話しには聞いていたのですが、なかなかその場面に出会えなかった・・
念願の音が録れました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
釧路川の菅原という場所。コッタロ湿原の近くです。
茅沼からカヌーで降りてきた時に上陸する場所でもあります。一番川の蛇行している部分。
上流からの川の水が上流で凍り、部分的な欠片が流れてきて、川岸の氷にぶつかって出す音です。
カーブのところは氷が層になっているのがよくわかります。川の幅が30mほど。
でもよく見ると川の動き方が場所によって違うのです。
真ん中は渦を巻いています。
ゆったりとした流れのところ、氷の帯になっているところ、流れの勢いがあるところがあるのです。
川の流れ自体も、たくさん流れているところと、氷の欠片を運んで流れている早いところと、
渦を巻いてゆっくりと動いているところがあります。
さらに手前は流れが逆流しています。川から川岸に向かって何層もの氷ができているのがわかります。
まるで波打ち際みたい。ここは、4回に分けて凍っているのがみてとれました。
4.jpg 5.jpg 7.jpg 8.jpg 12.jpg
足元を見ると、柳の葉が氷漬けになったり、川の底から上がってきた泡が
そのまま凍っているものが見えました。
そして最も綺麗に見えたのがフロストフラワー、アイスフラワーです。
凍った上に塵がたくさんあり、その塵を核にしてその周りの水分が凍って広がっていくそう。
鳥の羽みたいです。
一番下の部分は大きく羽が広がり、だんだん盛り上がって細かいものがつき、ブーケみたいになっています。
6.jpg

9.jpg 11.jpg
しっかりしたシャラシャラ音を録るために川岸ではなく、丘の上からカーブのところまで歩きました・・・
川岸の出っ張った氷の場所に、流れてきた氷の欠片がぶつかり音をたてています。
それも氷の種類によって音が変わりました。
しっかりした氷とシャーベット状の氷では音が違います。