So-net無料ブログ作成

アオサギとカラスの攻防戦

1.jpg IMG_0428.JPG
今年も塘路湖そばのアオサギコロニーのところに帰ってきていました。
たくさんのアオサギたち。彼らに会いに出かけたのですが・・・
アレ?これ何の音?とあちこちから聞こえてきたエゾアカガエルの声。
彼らにも春がやってきたみたいです。
2.jpg 3.jpg 4.jpg
また、一部雪や氷が残っているのですが、地面にはフキノトウ、フクジュソウ他
植物たちの新芽がたくさん。一気に春を感じる収録でした。
アオサギはすでに巣作りを終え、卵を抱いているものも・・・。
その巣にある卵を狙ってカラスがやってきているのです。
アオサギのお母さんとお父さんは必死で巣を守っていました。
でも、元気にないているカエルたちの一部はやがてそのアオサギのエサになるのでしょうね。
大きな自然を感じる一コマ。
この写真はどちらもフキノトウですが、その違いがわかりますか?
向かって左が雌花。そして右が雄花です。
雌花.jpg 雄花.jpg
収録後に塘路湖エコミュージアムセンターの佐藤光則氏にお話しを伺ったのですが、
今年は4月上旬にはコッタロではカエルが鳴き始めていたそうです。
ただ、寒くなると途端に鳴き止むとか。
塘路湖の氷も4月中旬には半分あいたそう。
シラルトロ湖は4月の上旬にはあいたそうで、今年は早かったとおっしゃっていました。